健康チップス

突然死

入浴中,急死する人が1万4000人もいるそうです. 交通事故より多いようです.

寒い脱衣場から,熱い風呂に入ると血圧は上がるのですが,しばらくすると血圧が下がり,意識がなくなり,そのまま温められて熱中症となって死亡するとのことです.

脱衣場はあたため,ぬるめの湯に半身浴,あるいはシャワーのみの方が安全なようです.

肺炎

 肺炎は死因の第3位で,平成25年の 全死亡者に占める割合は9.7%となっています.年齢的には65歳以上で急に増えてきます. 
 原因としては細菌によるものが多く,その中でも肺炎球菌が4分の1を占めています.
肺炎球菌は健常成人の5-10%では鼻咽頭に常在(住み着いている)しているといわれ,これが肺にたれ込んだり,吸い込まれたりすることにより肺炎を引き起こします.
 最近,インフルエンザが流行していますが,インフルエンザウイルスにより気管支の粘膜が侵されると,痰による掃除が十分できなくなり,細菌が深く侵入してしまうと言われています.インフルエンザに引き続いて肺炎にかかり,命を落とすこともよくあります.
 肺炎で"死なない"ためには,予防することが大切です.インフルエンザも肺炎球菌もワクチンがあります. 今からでも遅くはありません. 受けましょう  2014.12.30

タンパク質とってますか?

 肉食の人は太り,動脈硬化が進んで早死にするようなイメージがあるかも知れません.

 最近の報告で,確かに50-65歳では少し控えめのほうが,がんも死亡率も低かったということです.動物性脂肪は動脈硬化を進めるとも言われています.

 しかし65歳以上ではたんぱく質をとる量が少ないとがんが発生しやすくなり,死亡率も高かったそうです.

 最近は高齢者の低栄養が問題になっています.やせたおばあちゃんが長生きする様なイメージがありますが,100歳を越える人はむしろバランスよく,十分食べているとのことです.タンパク質もよくとっているそうです.

 私見ですが,個人個人で丁度よい体格があり,これを維持する栄養状態が本人にとってベストなのではないでしょうか. (2015.1.2)